未分類

出会い系で出会った女性とジュースフェラ体験談。

022227 022227

私は、今、出会い系サイトで知り合った25歳の女性とセフレの関係を続けています。 その女性は、出会い系サイトのワクワクメールの日記に『今日も暇。どこか行きたい!』と書かれていたので、『じゃあ、どこか行く?』とメールしたのがきっかで、やり取りをしているうちに、段々とお互い好意を持つようになり、2回目のデートの時にエッチをしてからセフレの関係になったのです。 彼女は、いわゆる清楚系と言われる感じなのですが、エッチになると豹変してしまうタイプで、この前、エッチした時には、私のお〇んぽにジュースを垂らしてフェラしたのです。 1回戦が終わり、お互い全裸姿で、テレビを見ながらくつろいでいたのですが、その時、私のお〇んぽが、1回戦の疲れがあり、小さくなっていたのです。 それを見た彼女は、『早くしたいのに。大きくなってよ。』と言ったので、『じゃあ、大きくしてよ。』と私が言うと、『うん、分かった。』と言ってフェラをし始めた彼女。 最初は、普通のフェラをしていたのですが、『ジュースが飲みたい!』言って、テーブルにあったオレンジジュースを飲んでいたら、『お〇んぽにかけてみよ!』と言って、ナント、私のお〇んぽに垂らしたのです。 そのオレンジジュースまみれになった私のお〇んぽを舐め始めたのです。 『美味しい!』と言って。   私もこんなフェラをされるのは初めてでしたが、彼女のいつも以上の舌の動きにとても気持ちよくなり、ビンビンになったのです。   その状況を確認した彼女は、『じゃあ、入れるね。』と言って、座ったままの私の前に来て、対面座位の体勢で入れてきたのです。 そして、全てのお○んぽを収納した彼女は、『あ~、全部入った。キモチイイ!』と言って、感じてる様子。 でも、私は、その状況では、動くことができないので、そのまましばらく動かないままで、おしゃべりすることに。 『今、この辺にお〇んぽあるよ。』とか『今、動かしたでしょ。』と言った会話をしていたら、喉が渇いたので、オレンジジュースを飲もうとしたら、こぼしてしまい、私の首筋にジュースがかかったのです。 そのジュースを彼女は、長い舌できれいに舐めてくれました。 その後、ベッドに戻り、バックの体勢から始め、最後は、正常位で彼女は、絶頂感を味わい、私も彼女の顔にザーメンを かけたのです。 そのザーメンを彼女は、美味しそうに舐めてくれました。 『ジュースみたいな味だったらいいのにね。』といいつつも全て飲んでくれました。 彼女とは、エッチの相性がとてもいいので、このままセフレの関係が続いたらいいなと思っています。