2014年7月

出会い系で知り合った21歳の大学生とのバイブ体験談。

022221 022221

日、出会い系サイトのワクワクメールで、21歳の大学生とエッチしました。 彼女は、地方出身で、東京に出てきてから、性に目覚めたみたいで、今、とってもエッチに興味と言いますか好奇心旺盛なのです。 私が、ワクワクメールの掲示板に『この前、バイブで楽しんだ!』と書いていたら、メールが来て、『バイブ、してみたいです。』と書かれていたのです。 彼女、私の日記を日々チェックしていたみたいで、私の日記の内容からある程度、素性を分かっていたみたいなので、いきなりメールをしても大丈夫と判断していたようです。 その時、日記って、意外と使えると思いました。 早速、会う日を決めて、新しいバイブも購入し、当日。 写メで彼女の顔を確認していたので、待ち合わせ場所にいた彼女はすぐに分かりました。 とても可愛い方でした。とりあえず、挨拶をして、喫茶店に行き、おしゃべりをしました。 その時、『私とエッチしてもイイの?』と聞いたら『もし、会って、ヤバかったら、逃げようと思ったけど。。。エッチ、したいです。』と言ってくれました。 そのように言って頂けるのは光栄と思い、早速、ラブホテルに行き、部屋に入ると、お目当てのバイブを見せることにしました。 とりあえず、今回は、最初なのでピンクローターと細めのバイブを持ってきました。 彼女は、ピンクローターよりも、バイブに興味があったので、早速、バイブを試すことに。 パンティーを脱がすと、可愛いピンク色のお○んこが見えました。 もう既に愛液が出ているのか、とても濡れていました。 その濡れているお○んこに、バイブが入り、スイッチオン!! ブルブルブルとバイブの音が聞こえると同時に、彼女からも『アアアア!』と声が出てきました。 『こんなに動くんだ!』と彼女! このバイブは、縦横無尽に動くタイプのものなので、彼女からすると、ビックリしたみたいです。 バイブが動いている間、私は、暇だったので、クリトリスを触ったり、おっぱいを舐めたりしていると、彼女の様子が変になり、『アアアアア、なんだか、体が浮いていくの。何?え?あああああ!』と初めての体験に驚いている様子。 そして、『ああああ、変になっちゃいそう!!あああ、いく~』と絶頂感に達したのです。 余韻に浸っていた彼女は、しばらくすると起き上がり、『こんなに、バイブって、凄いんだ。』と言ったのです。 その後も、私のお〇んぽとピンクローターとのエッチを楽しんだ彼女。 次は、今回のより太いバイブで楽しむ予定です。      


出会い系サイトで出会った24歳の会社員とのエッチ体験談。

022222 022222

夏になると、女性は露出度の高い服装をして、男性を興奮させてしまいますが、その場でナンパしてもついて行くケースは少ないと思います。 でも、出会い系サイトを上手に利用したら、露出度の高い女性とデートでき、さらには、エッチ出来ることも。 先日、私、出会い系サイトのワクワクメールで、24歳の会社員の女性とデートすることになりました。 きっかけは、私が書いている日記に、『今日も暇。プール行きたいけど、一人ではね。』と書いたところ、彼女が『じゃあ、私と一緒に行きません?』とメールが来たのです。 この女性は誰かなと思っていたら、半年前にエッチしたA子さんでした。 A子さんとは、半年前までは、セフレの関係だったのですが、彼氏ができたので、セフレの関係をやめていたのですが、先日、その彼氏と別れてしまったそうです。 それで、私を懐かしく思って、メールしてきたそうです。 出会い系サイトをしていると、こんな感じで、女性とデート(エッチ)できることがあります。 A子さんとプールに行く日。 彼女は、水色の水着でした。 夏らしくて、可愛い水着は、とても似合っていました。 早速、プールに行き、まずは、スライダーをすることに。 私が先に滑り、後から彼女が滑るはずだったのですが、私が最後まで滑っても、なかなか彼女は来ないのです。 どうしたのかなと思ったら、胸を腕で隠しながら、滑ってきた彼女を発見! 水着のブラが外れたみたいで、すぐに駆け寄り、ブラを直して、事なきを得ることに。 その後は、スライダーはせず、流れるプールでのんびりしていると、お腹が空いたので、ハンバーガーを食べ、お腹が満腹になった私たちは、次にすることと言えば、エッチしかないということで、プールを後にして、ラブホテルへ。 1度、エッチしていると、お互い言いたいことが言えるのが良いと思います。 部屋に入ると、急いで全裸になり、お互いの体を求め合う私たち。 彼女は、彼氏と気まずい関係になってから、エッチしていなかったそうで、その期間、2月間。 それゆえ、とってもエッチがしたかったみたいで、キスをしながら私のお〇んぽを触り、『久しぶり、また感じさせてね。』と言ってフェラをし始めました。 彼女のフェラは、とても優しく、ゆっくりしてくれるので、とっても眠たくなるのです。 そして、このまま出してもいいかなと思ってしまうぐらいなのです。 それを、何とか我慢した私は、彼女の体を攻めることにしました。   彼女の性感帯は、うなじだったことを思い出し、徹底的にうなじを攻めると『アアアア、イイ!』と声を上げる彼女。 そして、次の性感帯であるお〇んこに顔を埋めると、お〇んこを舐めまくる私。 すると、『ああああ、イイイイ!』ととっても大きな声で、感じる彼女。 その声に感じた私は、正常位で入れると、『アッアアアアア~。ヒイイイイイ!』と言って感じまくる彼女。 さらに、『もっと突いて、もっともっと!!』と要望してきたので、要望通りにガンガンに突くと『もう、たまんない~。ああ~、いっちゃう!!』と言って、絶頂感に達した彼女は、足をヒクヒクして、余韻に浸っていました。 その後、私も、バックの体勢から彼女の背中にザーメンを出そうとしたら勢いがありすぎて、彼女の髪の毛まで飛んでしまいました。(後で、めっちゃ、怒られました。) 今、彼女は、また私のセフレとなっています。 今度は、露出度の高い服装で、デートをしようと思います。      


出会い系で出会った22歳の大学生との体験談。

022223 022223

出会い系サイトのメリットは、登録されている女性の数が多いので、沢山の女性と知り合えることだと思います。 もちろん、中には、知り合っても、会ったり、エッチ出来ない場合もありますが、上手に利用すれば、出会えてエッチすることも可能かと。 先日、私は、出会い系サイトのワクワクメールで知り合った22歳の大学生とエッチしました。 彼女は、彼氏に二股されていたことで、傷心となり、出会い系サイトで、男性とエッチしたい為に登録したんだそうです。 このような理由で、出会い系サイトに登録し、エッチするとは。これも、時代なのかなと思いました。 私とすれば、大学生とエッチ出来るのですから、嬉しい限りです。 待ち合わせ場所にいた彼女は、可愛い系の女の子で、とってもラッキーたと思いました。 まず、喫茶店に行き、彼氏の二股について、お話しして、スッキリしたところで、カラオケに行き、盛り上がったところで、フレンチキスをしてみたら抵抗がなかったので、彼女の口の中に私の舌を入れても、抵抗しなかったのです。 『いいの?』と私が聞くと『いいよ。エッチしよ。』と言ってくれたのです。 予定とすれば、次は焼肉屋さんで美味しいお肉をごちそうするはずでしたが、急きょ予定を変更。 ラブホテルに行くことにしました。 部屋に入ると、彼女は、下着姿になり、私に迫ってきて、『今日は、何もかも忘れてエッチしたいの!』と言ってきたのです。 このように女性に言われると、私としては、頑張るしかありません。 既に、私のお〇んぽは、ギンギンとなっていましたで、このまま彼女を押し倒し、ベッドに寝かせ、エッチの開始です。 まずは、彼女のブラジャーを脱がせ、Cカップのおっぱいを触ると、とても柔らかくて気持ちいいのです。 そのおっぱいを舌で舐めまわすと彼女は『あん、ああん。』と声を出してきたのです。 そして、彼女の下腹部に顔を埋め、パンティーを脱がそうとしたら、既に彼女のパンティーには、シミがついていたのです。 『すごい、こんなに濡れているよ。』と私が言うと『いやん、見ないで。』と言う彼女。 その表情がとても可愛くて、たまりませんでした。 そして、パンティーを脱がし、彼女のお○んこを拝見。 アンダーヘアーが薄いし、ビラビラも小さいので、ピンク色のお○んこの全貌が、見え、とても綺麗でした。 その綺麗なお〇んこに指を入れると、『アン、アアアン!』と声が大きくなる彼女。 そして、中で、掻き回すと、『アアアア!』との声と共にラブジュースが流れてきたのです。 そのラブジュースをすするように飲むと『アアアア、ヒイイイ!』と声を上げ、感じまくる彼女。 そのままオーガムスに達してしまったのです。 その後、彼女は、フェラをしてくれましたが、竿を舐めながら右手は、袋を触ったり、袋を舐めたりして、とても気持ち良かったです。 その気持ちよさに我慢できなくなった私は、69の予定を飛ばして、彼女のお〇んこの中に入れることにしました。 彼女のお〇んこに入れた瞬間、彼女は『アアア、イイ!もう、たまんない!』と喘ぎ声を出して、快感に酔いしれ、そして、 私の腰を動かす度に、喘ぎ声は、ドンドン大きくなり、最後は、『もう、どうにでもして!!ああ!!』と言って、2回目のオーガムスに達したのです。 その後、騎乗位では、おっぱいの揺れ、バックでは、お尻の穴のヒクヒクに興奮した私は、最後は、正常位で、彼女の 胸に精液を出しました。 終わった後、『彼氏とは全然違う!とっても、気持ち良かった!』と言ってくれました。 そして、彼女は、今、私のセフレとなり、定期的にエッチしています。    


出会い系サイトで出会った24歳OLと久しぶりのエッチ。

022224 022224

夏になると、海でナンパとかしている光景をよく見かけますが、私は、ナンパよりも出会い系サイトで女性をゲットしています。 ナンパは、どうしても現場に行って、その都度、交渉等しないといけませんが、出会い系サイトだと、複数の女性にアプローチ できるのがいいです。 そして、メール等をくれた方々の情報を管理しやすい面もあります。 私は、今までメール等をくれた女性の名前等を管理して、もし、誰がメールを送ってきても、あの時にメールをくれた方と 分かるようにして、対応しているので、セフレのような関係を持つ女性を多く持っています。 先日も、1月前にエッチした24歳のOLさんからメールが来て、『また、遊ぼう!!』と書いてあったので、遊ぶことにしました。 今回は、彼女の要望で、海に行くことにしました。 当日、待ち合わせ場所に来た彼女は、既に水着を着てきたような恰好をしていて、つい見とれてしまっていたら、『まだ、水着になっていないのに、もう興奮しているの?』と聞いてきたので、素直に『うん、興奮している。』と答えてしまいました。 その後、彼女を車に乗せ、海へ行きました。 海について、彼女は、水着になりましたがブルーの水着がとても似合っていて、海に行かず、ラブホテルに行きたい気分でした。 その想いを我慢して、砂浜へ行った私たち。 波打ち際で、砂の山を作ったり、ビーチボールで遊んだりしました。 私が、ジュースを買いに行っていたら、彼女、ナンパされていたのです。 私が居たことが分かると、退散してくれましたが、油断も隙もないなと思ってしまいました。 その後、夕方となり、いい雰囲気になったので、彼女に『エッチしたい!』と素直に言うと『じゃあ、ご飯食べてからにしよ。』と言われ、近くにあったステーキ屋さんに行き、美味しいステーキを食べてから、ラブホテルへ。 部屋に入ると、彼女からキスをしてくれました。 そして、彼女は水着のままでしたので、水着を脱いで、全裸になると、日焼け跡はあって、その姿は、とてもセクシーでした。 私も服を脱いで全裸になると、一緒にお風呂に入り、体の洗いっこをしました。 彼女は、私のお〇んぽを泡まみれにして、喜んでいました。 その後、お互いの体を綺麗にした後、ベッドに入り、エッチすることに。 彼女は、私の体全体を舐めた後、私のお〇んぽを丁寧に舐めてくれました。 とっても気持ち良かったです。 その後、今度は、私が彼女の体を舐めたのですが、彼女は、クリトリスがとても敏感だったので、執拗にクリトリスを愛撫していたら『もう、そんなにしないで。感じちゃうから。お願い!』と言ってきたのですが、男としたら絶頂感になるまで止められないですので、そのまま続けていたら『もう、ダメ、いっちゃう!いく~~~。』と言って、絶頂感に達してしまいました。 そして、正常位で、彼女のお〇んこに私のお〇んぽが、入ることに。 ピンク色のお○んこの中に、ドンドン私のお○んぽが入っていき、根元まで入った瞬間、彼女から『あ~、全部入った~。』と言って、感じていました。   その後、彼女とは、騎乗位をしました。 騎乗位では、彼女自らお〇んぽを入れて、腰を動かしていました。 最後は、正常位で、彼女のお腹にザーメンを出しましたが、量が多すぎたようで、お腹では、受け止めらせない状況でしたので、すぐにティッシュを用意して、綺麗に拭いてあげました。 このように、出会い系サイトを上手に活用すれば、海でナンパしなくても事前に彼女をゲットすることできます。 まだ、出会い系サイトを利用したことがない、あなた、この夏、出会い系サイトデビューしてみませんか?


出会い系で知り合った23歳フリーターとのエッチ体験談。

022225 022225

今日は、出会い系サイトで知り合った23歳のフリーターの女性とデートする日! その女性とは、写メを交換してから仲よくなり、私から『明日、デートする?』と聞いたら、ちょうど彼女、明日は、暇だったみたいで、『おごってくれるならOK!』との返事。 『もちろん、おごるよ。』と言って、メールをして、当日となり、彼女が待ち合わせ場所に来たのですが、その時の服装が、ミニスカートだったので、興奮した私。 私、ミニスカート大好きなことをメールに書いてあったので、そのミニスカートをはいてきたということはということを考えてしまったのです。 今日は、彼女が要望していた遊園地に行き、ジェットコースターで楽しんで、お化け屋敷で怖がって、アイスクリームを食べて美味しそうな顔をして、彼女の色んな表情を出すところが私とっても好きで、このまま今日、エッチしたいとますます思ってしまいました。 最後、観覧車に乗ったのですが、その時、彼女から『今日、沢山おごってもらったから、お礼に!』と言って、キスをしてくれました。 そのキスで、エッチモードになった私は、『それだけでは、お礼にならないよ。』と言って、再度キスをしました、 そのキスは、ディープキスだったのですが、彼女、私の舌を受け止めてくれたので、エッチは大丈夫と確信!!   遊園地を出た後、そのまま近くにあるラブホテルに入りました。   部屋に入ると、彼女、恥ずかしそうにしていたので、彼女を呼び寄せ、キスを。 そして、服を脱がし始めようとしたら、『シャワー、浴びるね。』と言って、お風呂場へ行く彼女。 シャワーから出た彼女は、バスタオル姿だったので、興奮する私。 私も急いで、シャワーを浴び、ベッドに戻ると、彼女は、布団の中に入っていました。 私が、布団の中に入って、彼女の体を触ると、ナント、彼女は、全裸になっていたのです。 これに、大興奮した私は、彼女の体を舐めまくりました。 すると、彼女から『あん。あん。』と喘ぎ声が聞こえてきたので、さらに彼女のお〇んこに指を入れたり、クリトリスを舐めると、『アアア、イイイ!』と喘ぎ声が大きくなり、彼女もとても感じている様子。 そのまま続けていると、『なんか変な感じになっちゃいそう。いっちゃうよ~。』といってしまったのです。 こんなに早くいくとは思わなかったので、とても嬉しくなった私は、またいって欲しくて、そのまま彼女のお〇んこにお〇んぽを入れたのです。 入れた瞬間、彼女は、『ヒイイイイ、アアア、キモチイイ!』と声を上げ、とても感じていて、『もっと、感じさせて!!』との声も出てきたのです。 これには、とっても、興奮した私は、彼女の要望通りに、腰を動かして、感じさせてあげました。 すると、『また、いっちゃう!!いっちゃうよ!』と言って、いってしまったのです。 私もその後、すぐに彼女のお○んこの中で、ザーメンを発射してしまいました。(ゴム付きです。) 彼女のお〇んこから出したお〇んぽは、彼女の愛液がたっぷりついていました。 その後、彼女とは、セフレの関係になっています。


出会い系で知り合った21歳OLとのエッチ体験談。

022226 022226

先日、出会い系サイトのワクワクメールで知り合った21歳のOLとエッチしました。 彼女、仕事で嫌なことがあったみたいなので、メールで相談に乗っていたら、いい感じになったので、『今度、ご飯でも食べませんか?』とメールしたら『いいですね。』と返事が来たので、2日後会うことに。 事前に、写メで確認していたのですが、実際に会ってみると、写メよりも美人で、とても興奮する私。 今日、エッチしたいけど、いきなりは、無理かなと思いつつ、デートを始めました。 まずは、商店街をブラブラして、彼女の趣味嗜好を聞きだして、喫茶店に行き、さらに彼女のことを聞き出す私。 彼女は、可愛い系のものが好きだと分かったので、喫茶店を出た私たちは、ショップに行き、アクセサリーを購入し、プレゼントしました。 彼女、とても喜んでくれました。 その後、映画を見たら、夜の6時となったので、レストランに行き、食事をしました。 レストランから出たら、夜の8時。 この後は、ホテルに行きたかった私は、何も言わずラブホテル街へ。 彼女、状況が分かったみたいで、OKのサインとして、手を握ってきたのです。 私、そのサインが出て、とても嬉しかったです。 部屋に入ると、キスをして、一緒にシャワーを浴び、ベッドに入ると、彼女の手が私のお〇んぽを触ってきたのです。 もう、その時には、ビンビンになっていたので、竿の部分を握ると、しごきはじめたのです。 『どうしたの?』と聞くと『だって、早く入れたくて仕方がないの?』と彼女が言ったのです。 『じゃあ、入れよっか。』と言った私は、彼女を寝させて、正常位で入れることに。 前戯なしの結合は初めてでしたが、彼女のお〇んこの中を確認すると、もうグチョグチョでしたので、お〇んこの中にお〇んぽを入れると、ヌルッとした感覚の後、スーと彼女のお〇んこの中に入っていったのです。 その時、彼女は『あ~~ん。キモチイイ~。』と声を上げ感じ、さらに腰を動かすと『アアア、イイ!』と先ほどよりも声が大きくなり、とても感じている様子。 でも、私としては、彼女のお〇んこを舐めたくなったので、1回彼女をいかせてからにしようと思い、ガンガンに腰を動かすと『なんか、変。もういっちゃいそう。いく~』と言って、絶頂感を感じた彼女。 絶頂感の余韻に浸っている彼女のお〇んこの中からお〇んぽを抜くと、彼女の中から愛液が流れてきたので、それを吸うように舐める私。 その愛液は、とどまることを知らない感じで、ドンドン出てきたので、それを全て舐めてしまいました。 彼女の愛液は、とっても、美味しかったです。 彼女の愛液を沢山味わって、満足した私は、彼女を四つん這いにして、バックの体勢から入れることに。 四つん這いになった彼女のお〇んこから愛液が滴り落ちている中、私のお〇んぽを入れると『ヒイイイイ、キモチイイ!』と 感じまくる彼女。 そして、『いっちゃう、いっちゃうよ。いく~』と絶頂感に達してしまいました。 彼女とは、それから、2回エッチして別れましたが、セフレの関係となって、定期的にエッチしています。    


出会い系で出会った女性とジュースフェラ体験談。

022227 022227

私は、今、出会い系サイトで知り合った25歳の女性とセフレの関係を続けています。 その女性は、出会い系サイトのワクワクメールの日記に『今日も暇。どこか行きたい!』と書かれていたので、『じゃあ、どこか行く?』とメールしたのがきっかで、やり取りをしているうちに、段々とお互い好意を持つようになり、2回目のデートの時にエッチをしてからセフレの関係になったのです。 彼女は、いわゆる清楚系と言われる感じなのですが、エッチになると豹変してしまうタイプで、この前、エッチした時には、私のお〇んぽにジュースを垂らしてフェラしたのです。 1回戦が終わり、お互い全裸姿で、テレビを見ながらくつろいでいたのですが、その時、私のお〇んぽが、1回戦の疲れがあり、小さくなっていたのです。 それを見た彼女は、『早くしたいのに。大きくなってよ。』と言ったので、『じゃあ、大きくしてよ。』と私が言うと、『うん、分かった。』と言ってフェラをし始めた彼女。 最初は、普通のフェラをしていたのですが、『ジュースが飲みたい!』言って、テーブルにあったオレンジジュースを飲んでいたら、『お〇んぽにかけてみよ!』と言って、ナント、私のお〇んぽに垂らしたのです。 そのオレンジジュースまみれになった私のお〇んぽを舐め始めたのです。 『美味しい!』と言って。   私もこんなフェラをされるのは初めてでしたが、彼女のいつも以上の舌の動きにとても気持ちよくなり、ビンビンになったのです。   その状況を確認した彼女は、『じゃあ、入れるね。』と言って、座ったままの私の前に来て、対面座位の体勢で入れてきたのです。 そして、全てのお○んぽを収納した彼女は、『あ~、全部入った。キモチイイ!』と言って、感じてる様子。 でも、私は、その状況では、動くことができないので、そのまましばらく動かないままで、おしゃべりすることに。 『今、この辺にお〇んぽあるよ。』とか『今、動かしたでしょ。』と言った会話をしていたら、喉が渇いたので、オレンジジュースを飲もうとしたら、こぼしてしまい、私の首筋にジュースがかかったのです。 そのジュースを彼女は、長い舌できれいに舐めてくれました。 その後、ベッドに戻り、バックの体勢から始め、最後は、正常位で彼女は、絶頂感を味わい、私も彼女の顔にザーメンを かけたのです。 そのザーメンを彼女は、美味しそうに舐めてくれました。 『ジュースみたいな味だったらいいのにね。』といいつつも全て飲んでくれました。 彼女とは、エッチの相性がとてもいいので、このままセフレの関係が続いたらいいなと思っています。  


出会い系で出会った21歳フリーターとの体験談。

022228 022228

私は、34歳のサラリーマン。 妻とは、月1ペースでエッチしています。 新婚時は、週3、4日のペースでしていましたが、徐々にペースが鈍化し、子供が出来たことが決定的になり、もはやセックスレス状態になってしまいました。 子供がいるので、どうしても誘いにくい状況なのです。 そこで、出会い系サイトを利用して、妻以外の女性とエッチしています。 先日も、21歳のフリーターとエッチしました。 彼女は、出会い系サイトのワクワクメールで、日記を書いており、その内容が『最近、してないの。』と書いてあったので、メールをしたら、私の誘いに乗ってくれたのです。 当日、待ち合わせ場所に来た彼女は、とても可愛い女性でした。 彼女がメールで行きたいと言っていた水族館に行き、イルカショーを楽しんだ後、ショッピングをして、彼女が欲しかった好きな歌手のDVDを買ってあげて、その後、回転ずしに行き、美味しいお寿司を堪能した後、ダメ元で、『これから、ホテル行かない?』と誘ったら、『ちゃんとゴムしてくれるならいいよ。』と言ってくれたのです。 今時の若い女性は、スゴイなと思いつつ、ホテルへ。 部屋に入ると、先に彼女がシャワーを浴び、バスローブ姿で出てきて、その後、私もシャワーを浴び、部屋に戻ると、彼女は、ナント、Hビデオを見ているではないですか。 『どうしたの?』と聞いたら『だって、興奮するでしょ。』と言って、全裸になる彼女。 『じゃあ、エッチしよ。』と私に抱きつき、キスをする彼女。 そして、その時、彼女は、私のビンビンになったお〇んぽを握り『すごい、大きいのね。』と言ってきたのです。 ホントに21歳なのと思ってしまいました。 キスをしまくった後、フェラをした彼女。 フェラも、まったりとしたフェラで、まるで風俗嬢がするようなフェラでした。 このままではヤバイと思った私は、彼女をベッドに寝させ、私が彼女の体を愛撫することにしました。 彼女の乳房は、とても大きくて、さらに乳首は、ピンク色で、男としたらたまらないものでした。 その乳房を舐めると、彼女から『はぁ~ん。』と吐息が聞こえ、乳首を舐めると『あん、あああん。』と喘ぎ声になったのです。 さらに、彼女のお〇んこを舐めると、彼女のボルテージは上がり、『アアアアン。イイ!』と声が大きくなり、とても感じている様子。 このまま入れちゃうことにして、正常位で、彼女のお〇んこに私のお〇んぽを入れたら『もう、たまんない、キモチイイ!!』と叫ぶような声となったのです。 その後、バックの体位をして腰を動かしていたら、彼女は、バックが好きだったみたいで、正常位よりも声がとても大きかったです。 次に、騎乗位をしましたが、彼女の腰の動きが激しくて、1分ぐらいしかできませんでしたが、彼女の乳房が揺れている姿を 見れたのは、とても嬉しかったです。 最後は、正常位で、彼女のお腹にザーメンを出しました。 そのザーメンをティッシュで拭いた後、私たちは、そのまま寝てしまいました。 2時間後起きた私たちは、2回戦をしてしまいました。 彼女とは、今、セフレの関係となり、定期的にエッチしています。


出会い系サイトで知り合った8歳年上女性との体験談。

022229 022229

『ここ、気持ちいいでしょ。』とフェラをしている彼女は僕のお〇んぽの先っぽを吸うように舐めてくれています。 僕は、20歳の大学生です。今、僕とエッチしているのは、28歳のOLのA子さんです。 A子さんと僕は、出会い系サイトのワクワクメールで知り合いました。 僕の写メを見たA子さんからアプローチがあって、このようなことになっているのです。 最初は、メールのやり取りだけだったのが、徐々にお互いに引かれ始め、会うことになり、自然とエッチすることになったのです。 彼女とは、8歳違うし、僕は、エッチの経験はあまりないので、終始彼女のペースでエッチは流れて行きました。 キス、そして、フェラをされ、次は、私がクンニする番。 とりあえず、彼女の胸を舐めていたら、彼女からダメ出しがありました。 『もっと焦らすようにそして、丁寧に舐めてね。』と。 まるで、風俗嬢がお客さんにエッチを教えるかのような雰囲気でしたが、私は、真剣に彼女の言う通りにしていると、徐々に彼女から吐息が。 『上手。いいよ。そんな感じで。アア!イイ!』 教えてもらった女性から喘ぎ声が聞こえてきたのですから、とても興奮した私。 その後も彼女に教えたとおりに、胸そしてお〇んこを舐めていたら『ああ、気持ちいいよ。とっても。あああ!』と声が大きくなる彼女。 そして、『もうダメ、いれて。お願い!』と言われ、彼女からお願いされてしまいました。 彼女のお〇んこにお〇んぽを入れると『あ~、たまんない。キモチイイ!』と今までのお姉さん風な話し方からエッチに没頭する女になった彼女。 そして、私が腰を思いっきり動かすと『あっ、あっ、アアアア!!ダメ、いっちゃよ。いく~。』と彼女をいかせてしまいました。 これには、彼女もビックリしたみたいで、『こんなに感じたの久しぶり。』と言ってくれました。 このことで、自信がついた私は、その後も2回彼女をいかせ、最後は、顔射までさせてしまいました。 顔射をした彼女の顔は、恍惚した表情で私を見つめ、私の出したザーメンを美味しそうに舐めていました。 エッチ後、エッチ前とは、言葉遣いが変わった彼女は、今、僕のセフレの1人となっています。        


出会い系で知り合った26歳OLとの体験談

022230 022230

1週間前、出会い系サイトで知り合った26歳のOLとエッチしました。 彼女は、とても美人でしたので、こんな美人でも出会い系サイトを利用するんだなと思ってしまったほどです。 彼女は、半月前に彼氏と別れて傷心だったようで、寂しくて、誰かそばにいて欲しかったので、出会い系サイトを利用したそうです。 その時、ちょうど、私からメールがあったので、つい私の誘いに乗ってしまったんだそうです。 このように出会い系サイトでは、このようなことはありますので、是非、まめに掲示板や日記は、チェックすることをお勧めします。   彼女とのエッチですが、とっても良かったです。 1月ぶりのエッチだったこともあるのでしょう。彼女、とってもエロかったです。 だって、ラブホテルの部屋に入ると、すぐにキスをしてきて、腕を絡めてきたのです。 そして、彼女は、キスの合間に私の服を脱がし、下着姿にさせると、パンツ越しに私の膨らみを触ってきたのですから。 さらに、パンツ越しに臭いを嗅いできたのです。 美人がこんなことしていいの?と思ってしまったほどです。 実は、彼女は、お〇んぽの臭いが大好きのようで、パンツ越しに香るお〇んぽの臭いを嗅いで『あ~、この臭いたまんない。』と言ったのです。 その姿は、まるで犬のようでした。 そして、『我慢できない!』と言って、パンツをずらして、お〇んぽを舐めはじめた彼女。 『グチュチュ、グチッチュ』と音を立ててしゃぶる彼女。 1月間エッチしないと女性でもこうなるのかなと思ってしまいました。 その後、私は、彼女にベッドに行こうと誘い、ベッドの前に来ると、自分から服を脱いで全裸になりました。 全裸姿の彼女もとても綺麗で、くびれもちゃんとあって、胸もお尻も大きくて、たまりませんでした。 その綺麗な体を私は舐めまくると彼女は、『あん、ああん。ああ!』と喘ぎ声を出して感じまくると、私もその声に興奮して、さらに舐めまくりました。 特に、彼女のお〇んこを。 彼女のお〇んこは、ひだは小さいので、割れ目からはっきりとお〇んこ全てが見えるので。 もちろんクリトリスも。 しかも、色はピンク色なのです。 とっても綺麗でした。 その綺麗なお○んこを舐めると『アア!イイ!』と感じる彼女。 さらに、お○んこを舐めながら、クリトリスを右手の親指で触り続けると、彼女『ダメ~。そんなのしちゃ、いっちゃうよ。いくよ~。』と言って、絶頂感に達しました。 その後、69となり、お互いのものを舌できれいにした後、彼女の中に入れることに。 彼女のお〇んこの中は、とっても温かくて、気持ち良かったです。 あまりにも気持ち良かったので、すぐに出ちゃいそうだったのを何とか我慢して、5分後に彼女の胸に発射してしまいました。 それから、彼女とは、その日、2回精液を出すことになり、彼女と別れる時には、フラフラでした。 でも、あんな美人とエッチ出来て、とても嬉しかったです。