出会い系サイトで知り合った8歳年上女性との体験談。

022229

『ここ、気持ちいいでしょ。』とフェラをしている彼女は僕のお〇んぽの先っぽを吸うように舐めてくれています。
僕は、20歳の大学生です。今、僕とエッチしているのは、28歳のOLのA子さんです。
A子さんと僕は、出会い系サイトのワクワクメールで知り合いました。

僕の写メを見たA子さんからアプローチがあって、このようなことになっているのです。
最初は、メールのやり取りだけだったのが、徐々にお互いに引かれ始め、会うことになり、自然とエッチすることになったのです。
彼女とは、8歳違うし、僕は、エッチの経験はあまりないので、終始彼女のペースでエッチは流れて行きました。
キス、そして、フェラをされ、次は、私がクンニする番。
とりあえず、彼女の胸を舐めていたら、彼女からダメ出しがありました。
『もっと焦らすようにそして、丁寧に舐めてね。』と。
まるで、風俗嬢がお客さんにエッチを教えるかのような雰囲気でしたが、私は、真剣に彼女の言う通りにしていると、徐々に彼女から吐息が。
『上手。いいよ。そんな感じで。アア!イイ!』
教えてもらった女性から喘ぎ声が聞こえてきたのですから、とても興奮した私。
その後も彼女に教えたとおりに、胸そしてお〇んこを舐めていたら『ああ、気持ちいいよ。とっても。あああ!』と声が大きくなる彼女。
そして、『もうダメ、いれて。お願い!』と言われ、彼女からお願いされてしまいました。
彼女のお〇んこにお〇んぽを入れると『あ~、たまんない。キモチイイ!』と今までのお姉さん風な話し方からエッチに没頭する女になった彼女。
そして、私が腰を思いっきり動かすと『あっ、あっ、アアアア!!ダメ、いっちゃよ。いく~。』と彼女をいかせてしまいました。
これには、彼女もビックリしたみたいで、『こんなに感じたの久しぶり。』と言ってくれました。
このことで、自信がついた私は、その後も2回彼女をいかせ、最後は、顔射までさせてしまいました。
顔射をした彼女の顔は、恍惚した表情で私を見つめ、私の出したザーメンを美味しそうに舐めていました。
エッチ後、エッチ前とは、言葉遣いが変わった彼女は、今、僕のセフレの1人となっています。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です