出会い系サイトで出会った24歳の会社員とのエッチ体験談。

022222

夏になると、女性は露出度の高い服装をして、男性を興奮させてしまいますが、その場でナンパしてもついて行くケースは少ないと思います。
でも、出会い系サイトを上手に利用したら、露出度の高い女性とデートでき、さらには、エッチ出来ることも。
先日、私、出会い系サイトのワクワクメールで、24歳の会社員の女性とデートすることになりました。
きっかけは、私が書いている日記に、『今日も暇。プール行きたいけど、一人ではね。』と書いたところ、彼女が『じゃあ、私と一緒に行きません?』とメールが来たのです。
この女性は誰かなと思っていたら、半年前にエッチしたA子さんでした。
A子さんとは、半年前までは、セフレの関係だったのですが、彼氏ができたので、セフレの関係をやめていたのですが、先日、その彼氏と別れてしまったそうです。
それで、私を懐かしく思って、メールしてきたそうです。
出会い系サイトをしていると、こんな感じで、女性とデート(エッチ)できることがあります。
A子さんとプールに行く日。
彼女は、水色の水着でした。
夏らしくて、可愛い水着は、とても似合っていました。
早速、プールに行き、まずは、スライダーをすることに。
私が先に滑り、後から彼女が滑るはずだったのですが、私が最後まで滑っても、なかなか彼女は来ないのです。

どうしたのかなと思ったら、胸を腕で隠しながら、滑ってきた彼女を発見!

水着のブラが外れたみたいで、すぐに駆け寄り、ブラを直して、事なきを得ることに。
その後は、スライダーはせず、流れるプールでのんびりしていると、お腹が空いたので、ハンバーガーを食べ、お腹が満腹になった私たちは、次にすることと言えば、エッチしかないということで、プールを後にして、ラブホテルへ。
1度、エッチしていると、お互い言いたいことが言えるのが良いと思います。
部屋に入ると、急いで全裸になり、お互いの体を求め合う私たち。

彼女は、彼氏と気まずい関係になってから、エッチしていなかったそうで、その期間、2月間。
それゆえ、とってもエッチがしたかったみたいで、キスをしながら私のお〇んぽを触り、『久しぶり、また感じさせてね。』と言ってフェラをし始めました。
彼女のフェラは、とても優しく、ゆっくりしてくれるので、とっても眠たくなるのです。
そして、このまま出してもいいかなと思ってしまうぐらいなのです。
それを、何とか我慢した私は、彼女の体を攻めることにしました。

 

彼女の性感帯は、うなじだったことを思い出し、徹底的にうなじを攻めると『アアアア、イイ!』と声を上げる彼女。
そして、次の性感帯であるお〇んこに顔を埋めると、お〇んこを舐めまくる私。

すると、『ああああ、イイイイ!』ととっても大きな声で、感じる彼女。
その声に感じた私は、正常位で入れると、『アッアアアアア~。ヒイイイイイ!』と言って感じまくる彼女。
さらに、『もっと突いて、もっともっと!!』と要望してきたので、要望通りにガンガンに突くと『もう、たまんない~。ああ~、いっちゃう!!』と言って、絶頂感に達した彼女は、足をヒクヒクして、余韻に浸っていました。
その後、私も、バックの体勢から彼女の背中にザーメンを出そうとしたら勢いがありすぎて、彼女の髪の毛まで飛んでしまいました。(後で、めっちゃ、怒られました。)
今、彼女は、また私のセフレとなっています。

今度は、露出度の高い服装で、デートをしようと思います。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です