出会い系で結婚した友人

022249

出会い系サイトは危険性もあり、私自身は利用したいとは思いませんが、友人は幸運にも出会い系サイトで運命の人とめぐりあり、結婚し、現在も幸せに暮らしています。

その友人は子供のころ交通事故で足を引きずるようになり、そのせいもあってかなりおとなしい性格でした。

容姿も地味で、かわいいとか、美人といった類ではありません。

ただ、一緒にいると人をなごませるような、ゆるきゃら的な存在感が私は好きで、彼女の数少ない友達として長く付き合っています。

彼女が携帯の出会い系を始めたのは10年位前になると思います。

携帯電話に送られてくる出会い系のメールを興味本位で開けてみたのが始まりだそうです。

顔も知らない誰かとであれば、ある意味気軽に男性と話ができるということに彼女もだんだんとはまっていったみたいです。

数人のメル友ができたという話をたびたびするようになりました。

ある日、「メル友と恋人になるってあり得ると思う?」と相談を受けました。彼とは、写真のやり取りもしていない本当にメールだけのやり取りだけど、だんだんといろんなことを相談しあうようになって、彼のほうから付き合ってほしいといわれたというのです。

そして、一度会って話してみたいといわれたということでした。

私はもちろん反対しました。

当時すでに出会い系サイトにまつわる事件が話題に上っていたし、彼女みたいに男性に免疫がなく、世間知らずの女の子は絶対にカモにされると思ったからです。

でも彼女は、「彼はそんな人じゃない。彼だけは信用できる。」と言い張り、その場は私とけんか別れすることになりました。

でも、彼女一人で相手の人と合わせることに不安を覚えた私は結局初めてのデート現場に同行することにしました。

私としても、一緒に事件に巻き込まれはしないかとすごく不安でした。

現れたのは、彼女と雰囲気の良く似たおとなしそうな、体の小さな色白の男の人でした。

彼を見て、私は「二人は結婚する。」と直感しました。

おとなしい者同士で、その日は沈黙ばかりの時間が続きましたが、二人が初対面にもかかわらずほんわかと幸せそうでした。

二人の交際が始まり、結婚に至るまではそれから一年もかかりませんでした。

今では2人の子供にも恵まれ、幸せに暮らしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です