出会い系で知り合った21歳OLとのエッチ体験談。

022226

先日、出会い系サイトのワクワクメールで知り合った21歳のOLとエッチしました。

彼女、仕事で嫌なことがあったみたいなので、メールで相談に乗っていたら、いい感じになったので、『今度、ご飯でも食べませんか?』とメールしたら『いいですね。』と返事が来たので、2日後会うことに。
事前に、写メで確認していたのですが、実際に会ってみると、写メよりも美人で、とても興奮する私。
今日、エッチしたいけど、いきなりは、無理かなと思いつつ、デートを始めました。
まずは、商店街をブラブラして、彼女の趣味嗜好を聞きだして、喫茶店に行き、さらに彼女のことを聞き出す私。
彼女は、可愛い系のものが好きだと分かったので、喫茶店を出た私たちは、ショップに行き、アクセサリーを購入し、プレゼントしました。
彼女、とても喜んでくれました。
その後、映画を見たら、夜の6時となったので、レストランに行き、食事をしました。
レストランから出たら、夜の8時。
この後は、ホテルに行きたかった私は、何も言わずラブホテル街へ。
彼女、状況が分かったみたいで、OKのサインとして、手を握ってきたのです。
私、そのサインが出て、とても嬉しかったです。
部屋に入ると、キスをして、一緒にシャワーを浴び、ベッドに入ると、彼女の手が私のお〇んぽを触ってきたのです。
もう、その時には、ビンビンになっていたので、竿の部分を握ると、しごきはじめたのです。
『どうしたの?』と聞くと『だって、早く入れたくて仕方がないの?』と彼女が言ったのです。

『じゃあ、入れよっか。』と言った私は、彼女を寝させて、正常位で入れることに。
前戯なしの結合は初めてでしたが、彼女のお〇んこの中を確認すると、もうグチョグチョでしたので、お〇んこの中にお〇んぽを入れると、ヌルッとした感覚の後、スーと彼女のお〇んこの中に入っていったのです。
その時、彼女は『あ~~ん。キモチイイ~。』と声を上げ感じ、さらに腰を動かすと『アアア、イイ!』と先ほどよりも声が大きくなり、とても感じている様子。
でも、私としては、彼女のお〇んこを舐めたくなったので、1回彼女をいかせてからにしようと思い、ガンガンに腰を動かすと『なんか、変。もういっちゃいそう。いく~』と言って、絶頂感を感じた彼女。
絶頂感の余韻に浸っている彼女のお〇んこの中からお〇んぽを抜くと、彼女の中から愛液が流れてきたので、それを吸うように舐める私。
その愛液は、とどまることを知らない感じで、ドンドン出てきたので、それを全て舐めてしまいました。
彼女の愛液は、とっても、美味しかったです。
彼女の愛液を沢山味わって、満足した私は、彼女を四つん這いにして、バックの体勢から入れることに。

四つん這いになった彼女のお〇んこから愛液が滴り落ちている中、私のお〇んぽを入れると『ヒイイイイ、キモチイイ!』と
感じまくる彼女。
そして、『いっちゃう、いっちゃうよ。いく~』と絶頂感に達してしまいました。
彼女とは、それから、2回エッチして別れましたが、セフレの関係となって、定期的にエッチしています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です