出会い系で出会った21歳フリーターとの体験談。

022228

私は、34歳のサラリーマン。

妻とは、月1ペースでエッチしています。

新婚時は、週3、4日のペースでしていましたが、徐々にペースが鈍化し、子供が出来たことが決定的になり、もはやセックスレス状態になってしまいました。

子供がいるので、どうしても誘いにくい状況なのです。
そこで、出会い系サイトを利用して、妻以外の女性とエッチしています。
先日も、21歳のフリーターとエッチしました。
彼女は、出会い系サイトのワクワクメールで、日記を書いており、その内容が『最近、してないの。』と書いてあったので、メールをしたら、私の誘いに乗ってくれたのです。
当日、待ち合わせ場所に来た彼女は、とても可愛い女性でした。
彼女がメールで行きたいと言っていた水族館に行き、イルカショーを楽しんだ後、ショッピングをして、彼女が欲しかった好きな歌手のDVDを買ってあげて、その後、回転ずしに行き、美味しいお寿司を堪能した後、ダメ元で、『これから、ホテル行かない?』と誘ったら、『ちゃんとゴムしてくれるならいいよ。』と言ってくれたのです。
今時の若い女性は、スゴイなと思いつつ、ホテルへ。
部屋に入ると、先に彼女がシャワーを浴び、バスローブ姿で出てきて、その後、私もシャワーを浴び、部屋に戻ると、彼女は、ナント、Hビデオを見ているではないですか。
『どうしたの?』と聞いたら『だって、興奮するでしょ。』と言って、全裸になる彼女。
『じゃあ、エッチしよ。』と私に抱きつき、キスをする彼女。
そして、その時、彼女は、私のビンビンになったお〇んぽを握り『すごい、大きいのね。』と言ってきたのです。
ホントに21歳なのと思ってしまいました。
キスをしまくった後、フェラをした彼女。
フェラも、まったりとしたフェラで、まるで風俗嬢がするようなフェラでした。
このままではヤバイと思った私は、彼女をベッドに寝させ、私が彼女の体を愛撫することにしました。
彼女の乳房は、とても大きくて、さらに乳首は、ピンク色で、男としたらたまらないものでした。
その乳房を舐めると、彼女から『はぁ~ん。』と吐息が聞こえ、乳首を舐めると『あん、あああん。』と喘ぎ声になったのです。
さらに、彼女のお〇んこを舐めると、彼女のボルテージは上がり、『アアアアン。イイ!』と声が大きくなり、とても感じている様子。
このまま入れちゃうことにして、正常位で、彼女のお〇んこに私のお〇んぽを入れたら『もう、たまんない、キモチイイ!!』と叫ぶような声となったのです。
その後、バックの体位をして腰を動かしていたら、彼女は、バックが好きだったみたいで、正常位よりも声がとても大きかったです。
次に、騎乗位をしましたが、彼女の腰の動きが激しくて、1分ぐらいしかできませんでしたが、彼女の乳房が揺れている姿を
見れたのは、とても嬉しかったです。
最後は、正常位で、彼女のお腹にザーメンを出しました。
そのザーメンをティッシュで拭いた後、私たちは、そのまま寝てしまいました。
2時間後起きた私たちは、2回戦をしてしまいました。
彼女とは、今、セフレの関係となり、定期的にエッチしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です