優良出会い系トップ

出会い系サイト比較ランキングTOP3

イククル

イククルは2000年にサービスリリースした日本最大手の出会い系サイト!
運営は意外にも兵庫の神戸市にあるプロスゲイト株式会社。
出会い系サイトの創世記から出逢い系業界を引っ張ってきた存在で知らない人はいないと思います。
一度小森純さんを広告塔に起用する等、常に話題沸騰の優良出会い系サイトでしょう!

このサイトの詳細を見る


最新の出会い系サイト

ヒマつぶしのつもりが…?

東京出会い

冬になると人肌恋しくなり、誰かに隣にいて欲しくなりますよね。 人付き合いに消極的な人間が社会人になると、出会いの機会もガックリと減ってしまいます。 もっとも、学生時代から人付き合いが苦手な私にとっては急に始まったことではないのですが……。 寒いので外に出る気力もなく、部屋でゴロゴロとSNSやコミュニケーションを取れるサイトを眺めていました。 友人もあまりいないので、誰でもいいから話がしたかったのです。 とあるSNSの画面上には面白そうだったり、見た目が好みの人が大勢いました。 でも、そこで対人恐怖症が発揮され、声をかけることができず、気になった人が他の女の子と盛り上がっている掲示板を眺めて悲しくなるのです。 そんな臆病者が、「この人は私の!」と思える見た目も中身もタイプの人を見つけました。 ここからは自分でも信じられないような早さで、彼に連絡を取り付けました。 趣味が同じこと、居住地が近いこと、年齢が近いこと……出来る限りのアピールを、くどくならないように考えあげて送信しました。送信ボタンを押した後、変な汗をかいたのは言うまでもありません。 その日は休日でしたが掲示板に書き込むくらいです、暇だったのでしょう。すぐに返信が来ました。 私が送った内容に丁寧に返事をしてくれ、こちらにも興味を持ってくれたようでした。 世間話や趣味の話を何日もかけて何往復もさせているうちに、「実際に会って話したいね」と彼から提案されました。 ここで私は非常に焦ります。 「無理無理!文章ならなんでも話せるけど、実際になんて無理!」そんな考えが頭のなかをぐるぐると駆け巡り、やんわりと会ったら上手く話せないであろうということを伝えました。 すると彼のほうも同じだというのです。 あんなにイケメンなのに?(某ジャニーズの亀○くんにそっくりでした)、あんなに饒舌なのに? 私の心には怪しむ心が溢れ、またその怪しみが彼に対する興味を煽り、その数日後には実際に会う約束を取り付けてしまったのです。 会ってから、全ては気苦労だったとわかったのですが、出会い系は用心に越したことはないですからね。 実際の話しも意気投合し、私たちはお付き合いすることになりました。 暇つぶし相手を探していたはずなのに、心から触れ合える相手と出会えることもあるんですね。 彼とは今でもラブラブです。

もてない私がネットで彼女ができました

022201

私は34歳の男性です。小さい時からずっと女性からもてませんでした。理由は、顔が不細工、体重が太っている、性格が暗い、コミュニケーションが苦手、貧乏だからです。女性から見ての男性としてのもてる要素が全くありません。ですから、これまで彼女が一人もいませんでした。当然童貞です。風俗には何度か行きましたが、素人の女の子との経験はありませんでした。 そんな私に、奇跡が起こったのです。彼女ができました。しかも、美人です。女優の 熊田曜子に似ています。なぜこんなもてない私に彼女ができたのか、それはインターネットのおかげです。 私はあまりに女性からもてないので、ネットの出会い系で女性と出会おうと思いました。ただ、女性と本当に出会えるとは思えなかったので、あくまで女性とのコミュニケーションの練習の意味でやろうと思いました。そして、正直に私のプロフィールを載せました。つまり、不細工、デブ、貧乏です。普通こんな男性は相手にされませんよね。 しかし、そんな私にメールをくれていたのが、その彼女だったのです。最初は冷やかしかな、と思っていたのですが、真面目にメールをくれるので、こんな自分にメールをくれる女性がいるとは思ってもいず、とても嬉しかったです。彼女曰く、私は正直な人と思ったとのことでした。 そのうち頻繁にメールでやりとりをするようになりました。彼女が言うには、私は自分で思っているほどもてないわけではない、ということでした。そして、私のメールの文章が好きと言われました。 しばらくメールでやりとりをしたのち、その彼女とついに会うことになりました。ただし、正直私は会うのが怖かったです。私の外見のスペックはとても低いです。プロフィールには載せているし、彼女も承知の上でしたが、それでも嫌われるのではないかと不安だったのです。 しかし、彼女と会うと、彼女はがっかりした顔はしませんでした。彼女は外見はあまり気にしないから、と言っていました。それから彼女と付き合うことができました。ネットから始まる恋愛というのもあるんだと思います。

ラッキーな出会い系サイト体験談

022202

みなさんは、出会い系サイトを利用したことがありますか? 私は何度か利用したことがあります。 実際出会い系サイトを利用したことがない方は、本当に異性に出会うことができるのかという疑問をお持ちだと思います。 あくまで私が出会い系サイトを利用して感じたことですが、たしかに出会い系サイトで出会うことはできます。 また、出会い系サイトというのは、普段の生活では知り合うことができないような人と出会うことができるので、使い方次第ではとても有益なコンテンツだと思います。 私自身、先日も出会い系サイトを利用して異性と出会いとても良い思いをしました。 今回出会った女の子は、私が今まで出会い系サイトを利用して出会った方の中でも飛び抜けて可愛い子でした。 芸能人で言うと、鈴木ちなみさんに似たショートヘアーが似合うとても可愛い子でした。 正直、私の普段の生活からですと、こういった可愛い子と接点を持つことがほとんどできないので、今回の出会いはとてもうれしかったです。 相手の年齢は23歳で、私の年齢は30歳ということでしたが、女の子の方も私をみてまんざらでもない様子で、お互い好印象だったと感じました。 そして待ち合わせ場所から、私があらかじめ予約しておいた居酒屋に移り、色々と会話を楽しみました。 今回出会った女の子は、関西出身ということもあり、会話の節々に若干関西弁が混ざり、話をしていてとても可愛く感じました。 また、話をしているときなどにも軽いボディタッチなどもあり、私のテンションも結構上がってきました。 また、お互いお酒が好きということもあり、楽しくお酒を飲むことができました。 そしてこうなってくると私の方は、この後のことが気になってきます。 女の子もそんな私を察したのか、少し酔ったからどこかで休憩していきたいと、アシストをしてくれます。 私自身、うれしはずかしの気分でしたが、彼女のご行為に甘えて、居酒屋を出て一緒にホテルに行きました。 今回会った女性とは、この後も関係が続いています。 今回の私の例は、ラッキー過ぎたのかもしれませんが、実際出会い系サイトで出会うことは可能ですので、異性と出会いたい方や、退屈な毎日に刺激が欲しい方などは、是非出会い系サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

サイトの掲示板に書き込んだら

022203

僕が出会い系サイトを使う時は、掲示板で好みのタイプを探すように しています。 しかし、時にはこちらから書き込みをすることもあります。 その時の思い出としては博多に行っているときでした。 博多に行ったのは、仕事の打ち合わせでした。 泊まりの仕事でしたが、その夜は取引先との接待で 博多の歓楽街に行く予定でした。 しかし、取引先の都合が悪くなって、一人だけの夜に なってしまったのです。 せっかくの博多の夜を男一人でポツンとしているのも寂しい話です。 ということで、久しぶりに出会い系サイトで熱い夜を一緒に過ごしてくれそうな女性を探すことにしました。 但し、今回は僕が掲示板に書き込んで誰からのメッセージが来るかを期待したのです。 「こんばんわ。今夜は一人だけの博多になってしまいそうです。 今夜だけの恋人募集中です。」 こんな書き込みを掲示板に載せました。 すると何件かメッセージを頂いたのです。 その中で気になる人を見つけました。 「私、お水の仕事をしてますけど今夜はお休みなんです。 たまには個人的に燃えてみたいな。」 ドキっとするメッセージです。 年齢は僕好みのジャスト30歳。 スタイルやスリーサイズまでサイトのプロフィール欄に掲載されていて やはり僕好み。 その人に恋人になってもらうようにしました。 もちろん他の方には丁重なお断りのメッセージも送りました。 その人との待ち合わせ場所は、地元のある居酒屋さんの前です。 実際に会ってみると、さすがに夜のお仕事なのか見た目も話し方も とても上手で楽しい食事が進んでいきました。 しかし、メインはそれからです。 恋人のように博多のホテル街に行こうとしたのですが 「あなたの泊まっているビジネスホテルでもいいよ。」 そんなことを言ってくれたんです。 早速、ホテルの部屋に入って二人でゆっくりと入浴。 その後はメインステージのベッドでのラブタイムです。 その時の交わり方なんてすごく濃厚で、中々忘れることができないワンナイトラブだったのです。 博多のいい思い出になりそうでした。

出会い系で顔写真の交換なしで、いきなり会う

022204

僕は7年前にネット(出会い系)で知り合ったBのことが大好でした。 自意識過剰かもしれませんが、向こうもだと思います(笑)お互いそうゆうことは言いません。 僕たちはまだ学生で、しかもかなり遠距離に住んでいるので卒業するまで会うことはできないと思います。でもいつか会おうと話をしています。 ですが、僕には不安なことがありました。 ひとつめは容姿です。“人は中身が大事”私もそう思いますが、外見もちょっとは関係しますよね。会ったとき、お互いどんな気持ちになるのかなと思うと怖くなり、私は人に自慢できる外見ではないのですが、私にも生理的に無理な雰囲気の人などいます会いたいけど、怖かったんです。 ふたつめは、僕はかつて出会いがネットの恋愛に偏見を持っていました。会ったことないのにありえない、と…なので、僕が今してることは誰が偏見をもっていることなんだ思うと、すごく変な気持ちになります。まわりの人が気になるとゆうか怖かった。でも、本気でBのことが好き、というより、一緒にいたいという気持ちが膨らんできました。 それで僕たちは会うことになりました。やはり最初はギクシャク関係が続き以前の良い関係は何だったの?って感じが続き結局 二人の関係は何の発展も無く終わってしまいました。 メールだけのやりとりの時はあれだけ彼女のことが好きだったのに会って顔を見て少し話しただけで、前までの関係は一気に崩れてしまい、ほんとにショックで何ヶ月も立ち直れなかったです。 なので、ネットで会うこと自体は時代の流れもあり、全く問題ないことだと思いますが、今のこの気持ちを無駄にしない為にもメールで取り敢えず簡単な写真でも交換してみるのが良いです。 嫌だったら良いよ、だとか横顔でも良いよ、だったり、遠目のものでも良いよ、などと簡単な気遣いをしつつ。 それで、あまり乗り気で無かったり反応が悪い時は諦めたほうがいいと思います。それ以上の発展は見込めないと思うので、顔写真の交換なしで、いきなり会うのは出会い系全般に言えることですが、絶対にやめたほうがいいと思います。

もう少しのところで会えず・・・

022205

私は、33歳で独身で営業をしているごくごく普通のサラリーマンです。 土曜日は朝から暇で暇でしょうがなく、何か新しいことをしたいと思い出会い系サイトに挑戦しました。 ということで出会い系サイトに登録をして、一緒に飲める人でもいないかなーと思い、掲示板に書き込んだんですが、 誰からも連絡は来ませんでした。 女性の掲示板を見ていると同じような感じで飲みに行きましょという書き込みが。 これはと思い早速連絡を。 お相手の女性は、21歳の学生で写真も特別かわいいということもありませんでしたが、ブスということもなく、 いい娘そうな感じでした。 まずは、奢りますんで飲みに行きましょーという感じでメールを。 相手からもメールがあり、警戒をしている感じで、職業とかサイトの利用目的とかいろいろな質問メールが来ました。 相手の女性が警戒するのも当然なので最大限懇切丁寧に質問にお答えする形でメールをお返しさせて頂きました。 丁寧にお答えをさせて頂いたかいがあり、これからバイトの面接なので、面接が終わった後、面接場所の六本木で良ければということで、メールを頂きました。 六本木までは、少し遠いと思いながらも、暇だし21歳の娘と呑める機会もあまりないしと思い、 是非呑みましょーということでメールをさせて頂きました。 そしたら、携帯のメールアドレスを教えて頂き、六本木で待ち合わせをさせて頂くことに。 六本木までは、少し遠いところに住んでるんですが、あまり詳しくもない街なので、 ネットでお店調べながら行けば、ちょうどいいやということで、少しウキウキしながら待ち合わせ場所に向かいました。 六本木の交差点で待ち合わせをしたのですが、時間になっても来ず、街をぶらぶらしていると、面接が長引いて、 連絡もできずすいませんの旨と今から行きますということで、再度待ち合わせ場所へ。 ただ、またもや待ち合わせ場所には彼女は来ませんでした。すると今度は、妹が家の鍵を忘れて家を出てしまい、 家に入れないので、家に帰らなければならないと連絡きました。 どこかで自分を見てて、ルックスがいまいちなので帰ったのだと思いますが、一応連絡くれてよかったです。 もう少しのところまで行ったので、また出会い系チャレンジしようと思います。

昔、出会い系サイトを利用したことがあります。

022206

わたしは昔、出会い系サイトを利用したことがあります。 彼氏もいましたし、何に不満があったのか今となっては理解できませんが、 普段ならそのようなことはしないタイプだと自分では思っていました。 けれど、出会い系サイトへ数件登録し、メッセージをくれた男性数人とメールのやり取りをして、相手のことを少し信頼できる人だと思えば、実際に食事に出かけたり、と今思えば危ない行為をしていました。 食事に出かけたり、映画を見たり、夜景を見にドライブをしたりしました。 わたしは楽しいと感じる反面、彼氏を裏切っていることに罪悪感もありつつ、 けれどどうしようもない寂しさを埋めるために、利用していました。 回数を重ねるごとに、やはり相手は男性なので、思えば目的は初めからセックスだったのでしょう。 ホテルへ一緒に入りました。 相手は、乱暴なことはしない人だとは会ううちにわかってきてはいたので、了承しました。 結果的に、私を気遣ってくれて行為には至らなかったのですが、 それでもやはり少し怖い、と感じてしまったのでそれ以来、会うことはなくなりました。 連絡が来ても、こちらからは返答しないようにして、距離をおいていきました。 その後、また衝動的に、今度は自分を傷つけたいという思いに駆られ、また利用したのです。 今振り返れば、あのときの精神状態は異常で、正常な判断はできない状態でした。 ろくにやり取りもしないうちに、実際に会ってみようという話になり、それに応じました。 相手は、わたしを喜ばせるようなことを言い、わたしは過去の経験から、 それは別にわたしでなくてもいいこと、身体だけが目的でそのようなことを言ってくると、 理解していながら、その人の家へと行きました。 行為自体はあっさりと終わりました。 けれど、その後の自己嫌悪と言ったらなかったです。本当に後悔しました。 自分を傷つけ、暗い場所へと望んだのはわたしです。 けれどやはり、いいことはなかった。 使い方を、誤ればとても悲しい結果になると理解して、使わなければならないと思っています。 殺されていたとしてもおかしくはなかったと、思っています。

出会い系のサイトの体験談

022207

みなさんこんにちは。みなさんはどのような出会いをしたことがありますでしょうか? 私は、今まで仕事のことで女性のいない職場であったために女性との出会いに苦労をしました。でも彼女が欲しくて本当に悩みました。でも職場ではどうにもならないので、出会い系のサイトを使ってみようと四苦八苦しました。 しかしいろんなサイトを探してしてみましたが本当にこわいもので多額請求が携帯にとどいたりしてポイント制のサイトにだまされて一人も女性に会う事すら出来ませんでした。 そんななかで携帯電話の会社がコミュニケーションズでやっている友達サイトをしてみることにしました。出会い系の月額制のさいとでした。このサイトは月額で女性に何通もメールを送ってもただです。それで返信が届きメールのやり取りがはじまります。そしてメールで仲良くなってするとアドレスを交換したりして電話番号なども交換して、会うことも可能です。 そこでまずはプロフィールシートの作成をして自己PRを一生懸命に書き込んでそれから気になる女性を検索して近くのすんでいるかたをさがしてみることにしました。するとなん何通かメールが届きました。それでなかよくなってから会うところまで行くことができました。 食事もしてドライブもして毎週のようにあっていると彼女から付き合ってくださいといわれましたよ。本当にがんばったかいがありました。 出会いは本当にどこにあるかわからないものですが、やってみることもおすすめですよね。 出会い系サイトは危ないことも多々あると思いますが時にはうまくいくといいかたや、真剣に出会いを求めている方もいると思いました。出会い系のサイトは月額制のサイトを選んだほうがいいですよね。 実際にポイント制のサイトはほとんどが相手が男性かコンピューターからメールを配信させてポイントを消化させて多額請求に持ち込んでいく手口ですから本当に完璧に100パーセント会うことはできないものと考え方がいいでしょうね。みなさんも気をつけてサイトをしてくださいね。いい出会いをみつけましょう。

彼氏がいても出会いたい

02208

当時付き合っていた彼氏とはあまり上手く行っていませんでした。 このままお付き合いをしていてもどこか満たされないと思う自分もいました。 そんな時、ふと出会い系サイトをしようと思うようになり、利用し始めました。 とりあえず登録はして、そのまま放置していました。 そして、久しぶりに見るとメッセージが1通来ていました。 営業の仕事をしている人で、メールをもらってすごく嬉しかったです。 彼も久しぶりに開いて気になってぃとがいたのでメールを送ってみたと言います。 その相手が私だったと言います。 彼とのメールは1ヶ月くらい続きました。 すごく楽しくメールが続き、ある日、彼から食事に誘われました。 彼はどんな人なんだろうと思い、ドキドキしながらメールをしていて、写メも送ってもらいました。 顔はすごくイケメンに近いカンジの顔立ち。 悪くはないと思いました。 彼氏はいましたが、この人の方がいいカンジならきっと乗り換えてしまうかもしれないと思ってしまいました。 彼と実際に会ってみると、写メのようにイイカンジの人でした。 服装もすごく似合っていて、少しタイプでした。 やさしく紳士的な人で、私がイメージしていた通りの人でした。 話も楽しくて、時間もあっという間に過ぎていきました。 彼は現在フリーで、彼女募集中なんだそうです。 私は少しずつ彼に歩み寄るようになって行きました。 そして、今付き合っている彼氏にはお別れつげ、彼とお付き合いをするようになったのです。 彼ともお付き合いはすごく充実していて、体の関係にもなりました。 出会い系でこんないい人と知り合えるのはすごく嬉しかったです。 何気なく登録しておいて良かったと思いました。 それからは私も彼もサイトを退会しました。 出会い系サイトではなかなか出会えないと言ったこともありますが、今期よくしていればもしかしたら見つかるのかなとも思いました。 出会いたいとがっつかず、自分のペースでゆっくりやっていってもいいのかもしれませんね。

今までで一番良かった…

022209

サイトのことは前から知っていました。興味もありましたが、なんとなく躊躇して登録しませんでした。夫とは2年程セックスレスで、そのままでもいいと思っていたのですが、あるとき、「私、まだ現役の女だよね」と気づいてしまって、このまま終わりたくないという想いが強くなって、何日も迷った挙句に登録しました。 プロフィールにはちゃんと本当のことを書きました。自分の年も住んでいる場所も求める相手像も。 意外に多くのメールをもらいました。私は受け取ったメールをそのままにしておきたくないのですが、返信に困る内容のものも結構ありました。だって、いきなり明日会いたいとか自分の好きなプレイは、と書かれても、メールをチェックする時間によっては明日は今日になってるし、その人とセックスする気になるかわかりません。出会い系だから目的は一緒です。とは言っても何も話さないうちに会うのは私はイヤです。 私は男性のプライベートにはあまり興味ありませんが、その人の性格や考え方、求めている女性像などを読み取ってからでないとお互いにとって楽しくないことになりかねないと考えています。もし、男性がぽっちゃり型が好きなのに、現れたのがガリガリに痩せた女性だったらどうするのでしょう。据え膳食わぬは何とやらですが、その気になるんでしょうか。 何回かメールをやり取りすれば言葉の端々にその人の本音が見えてきます。それが私には容認出来ない場合はお断りします。私は何回かメールをやり取りして、少なくとも求めている女性像を掴んでから会うかどうか決めます。メールをくれた全ての人と会うのは物理的に無理ですから。他の人が代筆していたら終わりですけれど。 何人かの人と会いまた。お茶しただけの人もいるし、待ち合わせてホテルに直行した人もいます。会うということはBED INは暗黙の了解ですから。 その人とのセックスが一番気持ちよかった。声を出すまいと思っても我慢できませんでした。カラダは正直です。あまりの快感で気が遠くなりそうでした。これではまってしまう人がいるのだろうと思いました。 昼間その人と会って、帰宅すればいつもの生活に戻ります。セックスレスではあっても夫が嫌いになった訳ではないし、離婚するつもりもありません。ただ、私は女として経験できることをし尽くしてから「引退」したいだけなのです。

ネットで出会って本気になった

022210

手っ取り早くてコストパフォーマンスが高いので、もっぱら利用しているのが出会い系でのナンパです。 当然ご存知のように、いきなりガツガツでは成功しないことはネットであれ、リアルであれ同じなので、まずはメールで軽く会話のキャッチボールから。でも早いに越したことはないので、また、何日も時間をかけるとお互い飽きてきてしまうので、スタート1、2日が勝負。時間短縮のための手段で私がよく使うのは、とにかく笑わせるということ。お笑い芸人ではないのでそんなにネタを仕込んでいるわけじゃあありません。でもテッパンネタ2、3あれば使い回しでいいので十分です。注意しなければならないのはネタの重複くらい。 そうして出会った女性は私より10歳以上年下の有名アミューズメントパークのクルー。出会いまでは2日のやり取りだけでした。初めての出会いでは未成年(嘘でした)ということでしたので、食事をして終了。童顔だったので、確かに未成年に見えなくもない感じでした。でも何か怪しいなと思いながら、再会の約束はしました。 再会の日、食事をしていると、未成年というにもかかわらず、ワインを飲みたいと言い出しました。本当に未成年でワインなど飲ませると、ちょっとやばいと思い、躊躇していました。というより、頑なに断っていました。これは彼女をごちそうさまするのも無理かなと思っていましたが、どうしてもワインが飲みたいのか、運転免許証を見せ、実年齢を白状。19歳と言っていたのが、実は24歳でした。ラッキー! これで気合も入りました。ワインどうぞどうぞです。二人でボトルを空け、ほろ酔い気分。しっぽりムードになり、その日は近くのホテルにゴールイン。取り敢えずは当初の目的達成です。 その後、何故か二人の気が合い、毎日のように合うようになり、彼女は両親と暮らしていた家を出て、一人暮らしをはじめました。理由は私と一緒に暮らすこと。私もそうすることに何の障害も異論もありません。二人で同棲がスタートしました。ここまで発展するとは思いませんでした。気が合ったか、エッチが合ったのか。きっとどっちも合ったんだと思います。

ネットで知り合った相手を信頼できますか?

022211

私はネットで、無料のいわゆる出会い系サイトに何件か登録しています。20代の頃から始めましたので、今までものすごくたくさんの人とメールのやりとりをし、その中で何人かの方とお会いしました。 その中でも特に印象的だった方がいらっしゃいます。仮にTさんとしますが、Tさんは同じ県内で、年も近い人でした。話も合ったので、3ヶ月ほどメールのやり取りをした後、実際に会うことを決意しました。会ってみると「どうしてこんな人がネットでわざわざ?」と思ってしまうほど普通に良い方で、メールの印象と同じく好感度抜群な方でした。 その後、2、3週間に1度お会いするくらいの割合で半年以上はお付き合いを続けたでしょうか。それなりに親しくなったとは思うのですが、どうにも不思議に感じることがありました。 それは、Tさんがどうしても自分が住んでいる場所や働いているところを言いたがらないことです。住んでいる市は教えてくれたのですが、どの辺りとか市内の西側とか東側といった大まかな情報をたずねても「あー、まあその辺で」と適当にごまかされてしまいます。 おまけに、働いている会社がどういったところなのかも絶対に教えてくれませんでした。それどころか、営業系なのか事務系なのか、エンジニア系なのかといったおおよその職種すら答えてくれません。それを聞いたからどうというわけでもないのですが、「この人、本当に働いてるの?」とすら疑ったこともあるくらいです。 それなのに、私がどういったところで働いているのか、どういう仕事をしているのか、住んでいる家や家族構成などは聞きたがり、なんとも不思議な印象を持ってしまいました。 出会い系ではストーカーの問題とか詐欺の問題とか色々注意すべきことはあるので、Tさんもその辺りを警戒して、私に個人情報は教えてくれなかったのかなと思ったりもしますが、それは結局、半年以上もメールのやり取りや実際にお会いするなどしたのに、信頼してもらえなかったことなのでしょう。 私も身に覚えがありますが、ネットで知り合った相手はどういう人かもわからないのでまず最初は警戒したほうが良いと思います。でも、警戒しすぎると、かえって相手を遠ざけてしまうこともあるのだろうな、と思います。 ネットで出会った相手をどの時点で信頼するか、これってなかなか難しいですよね。

運命の出会いかも!?

022212

看護学校を卒業して以来、殆ど恋愛らしい恋愛もしないまま今日まで齢(44歳)を重ねてきてしまいました。好きだと思えた男性には妻子があったり、何とも思っていなかった男性から熱心に言い寄られたり、それなりに経験はあったのだけれど、本物の恋愛に発展することはなかったのです。 こんな煮ても焼いても食えないような中年オバサンの行く末を、陰に日向に気に懸けてきてくれた看護学校時代の唯一の親友が勧めてくれたのが出会い系サイトでした。 最初は出会い系と聞いて訝しく思っていた私に、その特徴を一所懸命に説明してくれた親友の熱意に根負けして、登録だけはしてみることにしたのです。 どうせ大したことは起こらないだろうと、吟味もせずに登録してしまった私のスナップ写真に関心を持ってくれた奇特な男性が何十人もいたことには、正直言って驚かされてしまいました。 ファーザーコンプレックス気味の私は、そんな男性の中からロマンスグレーの白髪がよく似合った50代後半の男性にコンタクトを取ってみました。 これまた予想よりも早く、彼からの返信メールがありました。 女って不思議な動物ですね。あれ程、恋愛に臆病だった私が、積極的に彼との連絡を取り始めたのですから。今まで眠っていた女の性が、蠢き始じめたといっても過言ではなかったと思います。 恋愛に引っ込み思案だった私のリードで、初めて会うことになりました。 約束に指定した場所は、同僚には秘密にして通っている行きつけのバーでした。来てくれた相手が私を気に入らなかったり、その反対の場合になったとしても、逃げ場所を用意しておけば何とかなるだろうという計算からでした。 いつものように、薄暗いバーのカウンターに座っていると、息せき切って一人の男性が飛び込んできました。頭から爪先までびしょ濡れです。 こんな大雨の中を、こんな私のためにわざわざ会いに来てくれた彼氏の気持ちが嬉しくて、その日のうちに恋に落ちてしまいました。 今では、このサイトを勧めてくれた親友に感謝、感謝の日々です。

出会い系サイトでの楽しい夜

022213

昔だったら、街の中で女性に声をかけるなんて、中々出来なかった ことですね。 ナンバが得意な人って友達の中にもいたものですが、今では そんなこともあまり必要がなくなったと思います。 何故なら、出会い系サイトがあるからです。 これさえあれば、暇な時や寂しい時に、ネットで出会いを 求めることができるからです。 そんな体験では、こんな僕でも楽しい出会いやドキドキするような出会いを 何度も経験することが出来ました。 その一つが福岡に行った時のことです。 日頃、僕は仕事で地方に行くことが多いのですが、たまに 出会い系サイトで色々な顔を出会いを楽しんでいました。 元々、博多出身の僕にとっては、よく知った地域なことは当然なのです。 けれども、博多の女性は情が熱い反面、しっかりとしているので 一生懸命に口説いても落ちてくれることは確率的に、決して 高くはないと思っています。 だからこそ出会い系サイトです。 サイトは、刺激的な出会いを求めて集まってくるので 本当に割り切った遊びで会いたいなと思ったなら ここが一番、確実で速いんですね。 今回の博多では、博多美人って言える程の女性に会えました。 よく使うサイトの掲示板をアクセスしてみると 「今から、相手をしてくれる人、この指とぉ~まれ!」 なんて可愛いコメントがあったんです。 すぐにメッセージを送りました。 「可愛いメッセージを見ましたよ。すぐに会いたいな。」 すると間髪入れないくらいのタイミングで返ってきました。 それから何回かやり取りをした後に待ち合わせ場所で合流。 あらためて会ってみると、博多美人って本当にきれいだなと思いました。 この人はスタイルよし。マスクよし。 性格も博多っぽく底抜けに明るかったのです。 でも、ベッドに入ると元々、持っていたセクシーさが前面に 出てきて体全体がほとばしる程の快感でした。 こんな体験は滅多に出来ないと思うかもしれませんが 出会い系サイトがあればそんなに難しくはありません。 だからこそ、出会い系は僕にとってはなくてはならないアイテムなんですね。

出会い系で知り合ったはずの女性との錯覚のような体験談

022214

この前出会い系で知り合った女の子、家出して金に困ってるとか言っていました。最後にピルを渡しただけでお金のことはすっかり忘れていました。そういえば彼女がコンドームを買ってホテル代も彼女が払っていたような・・・。なんでコンドームを買う必要があるのか今頃になって不思議に思えてきましたよ。 ホテルで足りなくなったらフロントのおばちゃんが持ってくるだろうし。たまに文句を言われるときもありますよ。「あなたたち一体いくつ使うんですかっ!」と機嫌を悪くするおばちゃんもたまにいます。それはともかく、その彼女が気になったので、メールを送ってみました。「元気に家出生活送ってる?」「あ、はい、元気に生きてます」元気に生きているのはいいけれど、お金がないと言ってたはずです。心配になりちょっと会ってみることにしました。 「家出してお金がないとか言っていたけど大丈夫?」「うん、大丈夫だよ」と元気な返事です。毎日暇を持て余していたようです。だからメールをもらってうれしかったと言ってます。どこで寝泊まりしているのかと思えば、駅のベンチとか、たまにネカフェで泊まったり、かわいそうなほど悲惨な生活を送っているようです。ウチに来ないか誘ってみたら、嬉しそうな顔を見せます。「行ってもいいのですか?」などと遠慮がちで謙虚な彼女です。 私の自宅に戻り、援助交際に見られると困るので、先に生活費としていくらか渡しておきました。「これは生活費だから大事に使うんだよ。またなくなったら渡すから。」と言うと、彼女は泣いていました。「最近優しい人になかなか会えないから。」と言いながら泣いています。どんな事情があるのか聞いていないけれど、苦労していそうな雰囲気。 「この家で住んでみる?」と思わず口にしてしまう。彼女は申し訳なさそうにしながら、迷ってるのか、返事をすると迷惑をかけると思っているのか、家出が何か関係あるのか、その表情からは読み取れません。「まあ、ゆっくり考えてくれたらいいよ」といって、さっそく風呂をわかして二人で入る準備をします。そういえば食事はとっているのだろうか、以前よりかなりやせ細っているような感じです。聞くと、2週間くらいまともに食事もとっていないらしいのです。着ている服も以前と同じです。もしかして下着も変えないまま?いや、それを聞くのもかわいそうだし、先に食事をしてもらおうと中華の出前を頼んでおきました。 4人分ほどの中華料理が届き、二人で食べ始めます。この子は今までどんな苦労をしてきたのだろう?痩せ細るほど食事もとれず、頼る人もいないようです。2人分ほど食べてお腹もふくれたようです。いきなり食べて胃痙攣でも起こしそうなほどの勢いでした。あまり話さない子だなと思っていたら、やはり食事がとれないから血糖値も低く貧血気味だったようです。しばらくテレビでも見ながらゆっくり休んで、一緒に風呂に入りました。以前のようにつんと出たかわいいお尻も形を変えており、やせ細ってまるで別人のようになっています。その細い体を抱きしめてみましたが、まだふらついている様子。ちょっと汚れた体を洗ってあげてそのままベッドに寝かせました。 私がメールを送らなかったら、この子は死んでいたのではないかと思うほど衰弱しきってました。総合ビタミン剤とアミノ酸を与え、血糖値を計るとかなり低い値を示していたので、ブドウ糖の注射をしてあげたりと、しばらく世話をすることにしたのです。同居というほどいいものではなく、看病のような感じです。 その日の夜はゆっくり寝かせてやりました。寝付いたころに彼女の横にくっついて、ぼーっと考えていました。これからどうしてやればいいのか、彼女にとってどうすればいいのか。性格のいい子だから同居しても問題はないだろう。とか、考えを巡らせているうちに眠ってしまいました。 しかし、翌朝になると、彼女の姿はありません。迷惑をかけると思ったのか、世話になりたくないのか、どんな理由があるのかも何も聞かないまま、いなくなった彼女でした。「お世話になり、ありがとうございました。」という置手紙だけが残されていました。出会い系で始まった関係とはいえ、人間的な優しさを求めるのであれば、出ていく必要はないはずなのに。彼女が本当にここに来たのか、このベッドで眠っていったのか、現実に起きたことが錯覚にも思えてくるのです。

出会い系サイト関連ニュース